アンティークの椅子

アンティークの椅子

アンティークの椅子、素材、歴史

アンティークの椅子はイギリス-英国-やヨーロッパはとても歴史も深く有名です。デザイナーも豊富でデザインに富み、素材を活かし家具やテーブル、デスク、本棚、椅子、食器、グラス、照明、時計、腕時計、鍵など様々なアンティーク商品があります。ヨーロッパでは家具を作る際に良い材料を使用し、職人が丹精をこめて家具を作成し、家具が何十年何百年と利用できるようにと作られているようです。また、その家具を使用する人たちも家具を大切に使用する事で、アンティーク家具となっていくのではないでしょうか。
アンティークの椅子はそういった、材料、職人、人によって使い続けられアンティークとなったようです。
最近は家具も、安い素材で大量の家具を量産している家具もあるようです。そのため、家具が傷むのも早いため、数年で新しいものに買いかえることが必要になってくるようです。ヨーロッパでは家具を作る際に良い材料を使用して家具を作成するため、何十年何百年と利用できる耐久性にすぐれた家具と言えるのではないでしょうか。
アンティークの椅子や家具はとても良いあじを出していて高級感に溢れるています。通販などでも購入できるようですが値段もそれ相応のお値段になっています。アンティークの椅子うや家具をそろえて、高級感溢れるお部屋をインテリアしてみてはいかがでしょうか。

ヨーロッパ家具メーカー

アンティークの椅子や家具は高価なものでなかなか手が届かない代物ばかりではないでしょうか。アンティークが有名なヨーロッパの家具メーカーであるイケアというメーカーがありますが、イケアは日本で家具やソファー、チェア、照明、ベッド、食器、衣類、キッズ商品など様々な日用品を販売するメーカーです。
千葉県、神奈川県、神戸に店舗を構え、今後、大阪、埼玉などの県にも出店していく予定があるようです。余談ですが、イケアと言う会社名は、イケアを作ったIngvar Kamprad氏の名前のイニシャルと、Ingvar Kamprad氏が生まれ育ったElmtaryd、Agunnarydといところのイニシャルをとり、混ぜあわせのが由来だそうです。
イケアには親会社グループであるインカ・ホールディングという会社があるようです。そのインカ・ホールディングを所有するオランダにある、財団法人スティヒティング・インカ・ファウンデーションという財団法人が全世界各国にイケアグループを展開しているようです。
日本のイケアは千葉県IKEA船橋、神奈川県横浜市IKEA港北、神戸IKEAポートアイランドなどの店舗があります。大阪IKEA鶴浜、埼玉IKEA新三郷も2008年オープン予定のようです。イケアの家具はヨーロッパの家具メーカーらしく、丈夫でいてオシャレな家具を扱っています。

≪ お問い合わせ・プログラムポリシー | ウォン両替 ≫

楽天ウェブサービスセンター

Copyright(c) 暮らしに役立つ情報集 All Rights Reserved